【放送事故】なぜNHK党の立花孝志氏はテレビ朝日に大勝利したのか

f:id:sukosimo_samuku_nice:20220619183825j:image

 

またしてもあの男がヤッてくれましたね。

 


www.youtube.com

 

 

冒頭、こう語っている。

テレビは核兵器に勝る武器。

テレビは国民を洗脳する装置。

 


テーマ外の発言をして退場させられた氏。

 


一見して、立花氏がテレビ朝日言論統制されて追い出され、とんでもないことをやらかしたというふうにも見てとれる.

 


しかし、コレで立花氏は記憶に残ることをやってのけた。

 


他の党首の発言よりも、誰よりもはるかに視聴者の記憶に残っただろう.

 


コレは、立花氏のテレビというメディアを利用した広告宣伝であり、かつそれが大成功している形と見てとれる.

 


なぜなら、視聴者は予定調和的な番組よりも、放送事故的な瞬間の方が好きで、かつ記憶に残るからだ。

 


また、過去に立花氏は、

「悪名は無名に勝る」

「10人中9人に嫌われても、1人から好かれればそれで十分」

 

 

と言った旨の発言をしていたと記憶にある.

 


その思いが変わっていないのであれば、今回のテレビ朝日の「失態」は、彼にとって大成功の広告宣伝であり、テレビ朝日からのけものにされたどころか、むしろ利用し尽くしたともとれる。(1分という時間の短さもいい)

 


ゆえに、立花氏はテレビ朝日に大勝利したと言えるのではないか。